変える

オール電化とは調理器具や給湯器、暖冷房装置などを全て電気でまかなう方法のことを言います。給湯は電気温水器、又はエコキュートでまかない、調理器具はガスではなくてIH調理機器を使います。エアコンや暖房器具は温水式や蓄熱式、電熱式の床暖房を行ったりして、電圧不足となるので200ボルトを使用します。 これまで調理や給湯はガスを燃料として行って来ていました。その後これらは電気でも可能なことがわかり、1980年代後半からはオール電化の住宅も建てられるようになりました。最初にこれが始まったのは大正時代で富豪の家で実施されたのが始まりとされています。 一般家庭では電気とガスが別々に使われるので、それぞれに基本料金が発生します。これを電気1本で通すオール電化にすることでことでガス工事の費用や基本料金も減らせ、火事も発生しないということで見直されて来ています。

オール電化は電気に関係しています。2011年には東日本大震災が発生して原発離れが起きています。その分火力発電に頼っていて、今後は原発は廃止の方向へ向かうとされています。 その後政府の円安誘導並びに原油価格が高騰化することもあって一時的にアラブの国の米国に対するシェールガス潰しを目的に下げ止まっているものの、今後はいずれは高騰して行くと見られています。 電気は一方で天然ガスの利用であるから影響はないという見方もありますが、現に電気代は上っていますのでオール電化にも影響はあると見られています。 太陽光発電も2013年には消費税増税の駆け込み需要によって200万戸を突破したとされます。 オール電化住宅は38.1万戸で前年比で2万戸減となっていますが回復傾向にあり、2025年には1000万戸を超えるという予想も立てられています。

ページのトップへ戻る