ペースがある

ベランダ防水のためにかかる費用について

一戸建て住宅に住んでいる場合は、概ね10年に1度のペースで外装リフォームを実施する必要があります。外装リフォームは外壁塗装や屋根塗装が中心になりますが、忘れてはならないのがベランダの防水工事です。ベランダの防水塗膜に経年劣化による剥がれや亀裂が生じていると、そこから内部に水分が浸透してしまうようになります。木造建築の場合だけでなく、軽量鉄骨造りの家の場合でも、建物内部への水分の浸透は極力避けるようにする必要があります。ベランダの防水塗膜が劣化して内部に水分が浸透してしまうようになると、ベランダの安全性を維持することができなくなります。また、その部分から家本体へ雨漏りしてしまう可能性も出てきますので、外装リフォームの際にはベランダ防水工事の実施も検討してみる必要があります。気になってくるのがその費用ですが、一般的な一戸建て住宅のベランダ防水工事を行う場合であれば、8〜20万円前後が相場になります。

様々な種類の防水工事があります

一口に一戸建て住宅のベランダ防水工事と言っても、様々な種類の工事があります。工事料金が一番安価で済むのは、防水シートをベランダに貼り付ける工事です。この工事ではベランダの下地処理を行った上で防水シートを貼り付け、その上からトップコートを塗布するというのが一般的な流れになります。だいたい1平方メートルあたりの工事料金が2500円前後で済むケースが多いので、他の種類の防水工事を実施する場合よりも費用を低く抑えることができます。ただし、ベランダの防水工事に最も適しているのはFRP防水工法だと言われています。FRP工法の場合、1平方メートルあたりの価格が5000〜7000円前後になりますが、重量が軽い上に耐久性・耐熱性共に優れているため、長く防水性能を保ち続けられるようになります。

ページのトップへ戻る